操作性 選び方 ベビーカー

操作性でベビーカーを選ぶ

ベビーカーを購入したら、それを操作するのはママとパパ。

操作はママ?パパ?

 

毎日使うのだったら、圧倒的にママが多いかもしれませんね。
そんな場合、チェックすべき操作性をまとめてみました。

 

  1. 押しやすさ
  2. 凸凹など段差への対応
  3. 小回りの軽快さ
  4. 開閉のしやすさ

 

これらをお店でチェックしてもよいし、口コミから読み取ってもいいでしょう。
ランキング上位のベビーカーならこれら操作性に優れているのも多いですけどね!

 

押しやすさ

ベビーカーの押しやすさとはなんでしょうか?
安定性?それとも軽さ?

 

実は、この2つの押しやすさは意外に両方満たされることはありません。

 

というのも、安定性があるというのは重量があってしっかりしている場合がほとんど。
逆に、軽く押しやすいというのは、ベビーカー自体の重量がそれほどないってこと。

 

だから、あなたと赤ちゃんのライフ.スタイルによってどちらを重視するかが決まってきます。

 

例えば、お買い物を赤ちゃんと一緒に歩いていくって
場合はベビーカーに荷物をたくさん積んでくるから、
軽いベビーカーがいいのかも。

 

凸凹など段差への対応

バスはベビーカーごと運んでしまうからそうではないけど、
地下鉄に乗るんだったら、段差でもすっといけるベビーカーが最適。

 

また、道路があまり整備されていないところにお住まいなら、
凸凹があってもサスペンション付属で、
段差による衝撃を受けにくいベビーカーを選ぶべき。

 

小回りの軽快さ

小回りが気になるのは、A型ベビーカーを購入した場合、
対面式にできたりするタイプは、タイヤの固定がオートタイプもあります。
もしも違う場合なら、前輪側が固定のままですと、非常に小回りのしにくいことになります。

 

その点、3輪バギーなどは、非常に小回りのしやすさを重視しています。

 

開閉のしやすさ

ママが片手でワンタッチ開閉できるのが理想のベビーカー。
それに、ベビーカー自身で安定自立するならなお○。

 

最近は、エアリアスティックプラスなど、
ランキング上位のベビーカーはほとんど片手開閉&安定自立ですよ♪